専門医療を学びたい方はこちら

私の専門医療の使い方【直井動物病院・院長】

今回は、まだどうぶつの総合病院を紹介先として、使ったことないジェネラリストの先生方へぜひ知って頂きたく、

どうぶつの総合病院の利用の仕方や実際の利用者の声を聞いてきました!

今回、インタビューしたジェネラリストの利用者は『直井先生』です!

 

どうぶつの総合病院を紹介する時

夜間もありますが、専門医療としてはどんな時に紹介をしていますか?

「うちで手に負えない症例の時」

専門医療の点でいうと、うちの病院で手に負えない症例の時に紹介しています。専門医療を提供してくれる病院があるという事を知らない飼い主さんが結構いると思います。

「専門医療をやってくださる病院があるんですよ」と言うと、「あの夜間病院(どうぶつの総合病院)で診てもらえるんですね」と言う飼い主さんが多いですね。

なので、「どうぶつの総合病院は昼間は専門医療を診ているんですよ」と伝えています。飼い主さんに伝える時というのは、例えば、

「このような腫瘍が疑われて、うちでは確定診断ができないからご紹介します。どうぶつの総合病院は夜間診療で有名だけれども、昼間は専門医療をやっていて、信頼している良い先生もいる」と。

 

夜間診療としてはどうですか?

「時間外診療をお願いしています」

夜間診療の点でいうと、時間外診療を引き受けていただけるということで紹介しています。

病院のHPやチラシにも電話番号を載せているし、留守番電話にもどうぶつの総合病院へ繋がるようにしているから、うちの病院へよく来院する飼い主さんは存在を知ってる人が多いと思います。

 

実際に紹介されたオーナーさんの声

オーナーAさん

よく診てもらえました。とても助かりました。

このように、実際に、どうぶつの総合病院へ行って来た飼い主さんのリアクションは、みんな「よく診てもらえた」などポジティブな意見がほとんどです。逆にネガティブな意見はほとんどないです。

 

今までどうぶつの総合病院を利用してみて

直井先生の話している様子

今まで利用してきて良かったと思った具体的なエピソードは?

「無駄な手術をしなくて済んだこと」

今までかなりの数を紹介しています。最近だと、椎間板ヘルニアが疑われている患者さんです。

手術が必要だと思って紹介しました。しかし、検査をしてみると実は椎間板ヘルニアではなくて、別の疾患で手術適応外だった。

というエピソードがありました。これは必要のない手術を避けることができて、とても良かった症例でした。

 

他の話だと、呼吸器疾患を持った大型犬の患者さんで、ICU(集中治療室)で酸素ケージが大きなものが必要でした。しかし、大きな酸素ケージはうちには無く、その時にお願いしました。この時も迅速に受け入れの対応をしてくれてとても助かりました。

こう言った、設備の面でもどうぶつの総合病院をおすすめしています。

 

紹介する科目で特に多い診療科は?

「基本的には満遍なく」

診療科としては、だいたい満遍なく紹介していますが、比較的多いのは神経科。CTやMRIはうちでは撮れないから確定診断や治療を含めてお願いすることは多いです。

外科では、術後管理がこちらでは難しい時にお願いしています。例えば、24時間、診なければいけないような呼吸器系の術後管理や高齢の患者さんなど。

夜間診療としての話になってしまいますが、24時間の管理や手術が必要になるような重篤な疾患の場合を考えると、どうぶつの総合病院をおすすめしています。

 

どうぶつの総合病院は物理的な距離としては遠いですか?

「大変じゃないという意見が多い」

どうぶつの総合病院とうちの病院との物理的な距離は、車で20分くらいです。そこまで大変じゃないというオーナーさんの意見が多いですね。

この点も紹介するポイントでもありますね。

 

一次診療の先生へどうぶつの総合病院を利用するためのアドバイス

一次診療の先生方へ、どうぶつの総合病院を利用するためのアドバイスをお願いします

「思ったよりも相談のハードルは低いので、相談しやすいですよ。」と言いたいですね。

おそらく使っていない先生のイメージとして、ハードルは高いのではないかなと思います。

ある程度、「自分の病院で診断・治療をして、どうしようもない時に紹介で送らないといけないんじゃないか」と考えている先生が多いと思う。

しかし、実際はそんなことはなく、もう少し初期の段階で、うまく相談できればいいのかなと思います。

 

将来の専門医療機関との関係

将来、専門医療機関とどのような関係を作れると良いと思いますか?

「よりスムーズな連携が取れる関係」

「よりスムーズな連携が取れるような関係になる」と良いなと思います。

なるべく、ホームドクターが紹介する時にもっと連携をシンプルにできるといいですね。

 

 

 

専門医の先生のインタビューはこちら

専門医にインタビュー 獣医病理学専門医 浅川 翠 先生専門医にインタビュー 獣医皮膚科専門医 永田 雅彦 先生

大人気!獣医学クイズはこちら

専科のインターンシップを募集中!獣医師クイズ:外科クイズ8獣医師クイズ:皮膚科クイズ10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です