専門医療を学びたい方はこちら

獣医師クイズ:臨床病理科クイズ1

【獣医臨床病理科クイズ1】

 

クイズの問題

イヌ、10歳齢、避妊雌。右肺中葉に多発性の腫瘤(7cm大)を認め、FNAを実施。

診断は下記のうち、1-3のうち、どれでしょうか。

1. 組織球性肉腫

2. リンパ腫

3. 肺腺癌

 

 

クイズの答えはこちらから↓

 

 

 

獣医の臨床病理科クイズの答え

解答:1

組織球性肉腫では多核巨細胞、細胞内での核の大小不同、異常有糸分裂像など、顕著な細胞学的悪性所見が認められます。

写真では、異型性を伴う、やや偏在性の円形〜腎臓型の核、薄水色の広い細胞質を有する円形細胞が独立孤在性〜シート状に認められます。

組織球性肉腫は、悪性の挙動を示す腫瘍で、脾臓、肝臓、リンパ節や骨髄に発生・転移することがあります。

ちなみにLINEで全国の獣医師の正答率を出しました!

50%でした!!

間違いの選択肢で多かったのは3番です。

回答して下さった34名の獣医師の方々、ありがとうございました!次回も楽しみにしていてくださいね!

前回のクイズはこちら

https://vetpedia.jp/2018/10/02/dermatology1/

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です